津々浦々と先進諸国との頃の貿易スレなどについて

環境スレなどについて研究しました。日本の貿易収支は、1970時以来1973年と、1979年の二都度の石油急場の年を除くと、大きな利潤額を計上しています。その利潤額のほとんどは、アメリカとEU諸国から得ています。そのため、これらの国との間で環境スレが大きな問題になっていらっしゃる。こういう苦しみは、アメリカへの繊維・鉄鋼・愛車・半導体などの輸出や、欧州へのVTR・半導体などの輸出において、よく通商上の苦しみとなりました。後々、環境スレがファイナンスなどのおまけの領域にもひろがり、西洋との間にファイナンススレが生じました。また日米国からくり論議、再度それに陥る1993年からの日米国包括環境論議に言えるように、日本の環境からくりのチェンジにまで苦しみが及んでいらっしゃる。貿易不プロポーションの原因として、日本位置づけのまぶたにみえない貿易バリアー、いわゆる非関税バリアー(関税以外のリミット対応)が西洋から指摘されています。知らないことばかりだったので勉強して良かったです。